· 

ある二人の婚活物語(STORY)。─ 第1章 第1節 ─

 

 今週はゴールデンウィーク前の慌ただしさの所為で、やけに水曜日になるのが早く感じてしまう。夕刻近くになって降り始めた雨はさらさらと繊細な雨音を奏でながら、窓ガラス越しに見る街を濡らしていた。

 

─── 僕の名前は田川賢司、もうじき32歳。市内の中堅企業でエンジニアをしている、普通のサラリーマンだ。

 

 集中したパソコン作業で目の奥が痛い。終業まではあと2時間。ひと息つくことにし、休憩スペースへと向かった。自販機の缶コーヒーを片手に、いつものように壁際のベンチに腰を下ろし、「はぁ・・・」と大きく息を吐く。胸ポケットからスマホを取り出し、左手の親指で画面をなぞりながらニュースサイトを見ていると、あるタイトルが目に飛び込んで来た。

 

「衝撃!日本人の結婚率が歴代最低レベルに減少!」

 

 仰々しいタイトルだとは思いつつも、思わずその内容に惹きつけられてしまう。「世の中には、同じ境遇の人が結構いるんだな」と安心しかけたのだが、すぐにある不安が脳裏に浮かんできた。自分はいつまで「結婚していない」側にいるのだろうかと…。先日の結婚式で見た後輩啓輔の幸せそうな顔を思い出し、自分の中で焦りにも似た感情がじわりと芽生えるのを感じた。

 

 この男だらけの職場で働き始めて9年が経った。中学、高校と男子校という環境で育ってきた僕は、高校卒業後も理系大学へ進学した。女性と接する機会が極端に少ない青春時代を過ごし、今はこうしてエンジニアとして忙しく働いている。もうじき32歳を迎えるというのに、まだ暫くは、恋人と呼べる相手には出会えそうもない。

 

───私の名前は宮下敬子、年齢は29歳。市内の商事会社で、ごく普通のOLをしています。

 

 先週末、友人の純子に「敬子にも、いい人を見つけて欲しいから!」と半ば強引に連れ出された合コンでも、残念ながら良い出会いは無かった。決して、イケメンや大金持ちとの出会いを期待した訳ではなかったのだが、相手があまりにも若すぎたり、なぜか既に結婚している人が居たりで。元彼と別れてから、3年近く恋人と呼べる相手のいない私は、心のどこかで素敵な相手と巡り会えるかも、と淡い期待を抱いていたのだが...。

  

「出会いが無くて。」

 

 恋人がいない理由を聞かれると、私は決まってこう答えるようにしている。勤めている職場は、父親ほども年齢が離れた男性ばかり、職場と自宅とを往復するだけの毎日では、異性と知り合う機会なんてほとんどない。いったい街を歩くカップルたちは、どうやって相手を見つけているのだろうか。

 

 帰り支度を始めた同僚たちの気配に気づき、ふと壁に掛けてある時計に視線を移す。午後6時、もう終業の時刻だ。大抵日々の業務は滞りなくこなすのだが、何故か今日は思うように仕事が捗らなかった。全く自分らしくない情けない状況だ。会社を出てからも、うまく気持ちを切り変えることが出来ずに、駅までの道を足早に歩いていると、突然うしろから「敬子!」と、聞き覚えのある声に呼び止められた。

 

─ 第1章 第1節 ─