· 

ある二人の婚活物語(STORY)。─ 第1章 第2節 ─

 

 「敬子!」という声に驚いて振り返ると、親友の純子が満面の笑みでこちらを見ていた。「驚いた!純子も今、仕事終わり?」突然の出来事だったので、頻繁に遊んでいる友人だというのに上ずった声が出てしまった。慌てて呼吸を整える。「そう、いつもより早く上がらせてもらったから。敬子、これから予定ある?よかったらお茶でもしていかない?」純子はミディアムボブにした髪をかきあげながら再びニッコリと笑顔を見せたので、私も弾んだ声で「今日は家に帰るだけだったし。いいね!行こう!」と賛同した。今日は仕事が捗らず気持ちが沈んでいたので、気晴らしができるのは嬉しい。

 

 純子と入ったのは、先週地下街にオープンしたばかりの、オーガニック系の小洒落たカフェ。新鮮なフルーツを使ったスムージーや、無農薬の素材を使ったハンバーガーなどの軽食を売りにしている、いかにも女性が好きそうな感じのお店だ。ボサノヴァ調の音楽が鳴り響き、間接照明の淡い光が灯る店内には同じく仕事帰りと思われる多くの人で賑わっており、読書をする人もいれば、親しい人との会話に花を咲かせる人もいたりと、それぞれの時間を満喫しているようだった。私と純子は今が旬である苺のスムージーを注文し、奥のテーブル席に向かい合わせで座る。

 

 「で、どうなの最近は?」純子が開口一番、いたずらっぽく私に尋ねてきた。どうなのも何も、先週会ったばかりなのだから、私の状況は純子が1番よく知っているでは無いかと心の中で思ったが、言葉にはしないでおいた。いくら気心の知れた友人といえども相手が気に障るようなことは言わないよう、私は日頃から気を付けている。「うーん、変わらず。何も無いよ?」私はストローの先で氷をカラカラと動かしながら、伏し目がちに小さく笑顔を作った。なんだか落ち着かなくて、つい前髪を触ってしまう。

 

 「そっか・・・」と純子は形の綺麗な眉をしかめて相槌を打つ。純子は、百貨店で受付として勤務しており、身長167cm程のスラリとしたモデル体型で、目鼻立ちがくっきりした美人。細かいことはあまり気にしないサバサバした性格ということもあり、男女共に好かれるタイプだ。自分とは対照的な部分を多く持つ親友に、私は密かに憧れを抱いている。最近では長年付き合っていた彼氏との婚約が決まり、真夜中の電話で純子からその報告を受けた時私は自分のことのように彼女の幸せを喜び、そして結婚という二文字をより大きく意識したのであった・・・。

 

「あとこの間の合コンはごめんね。せっかくセッティングしたのに、なんだか冴えない人達ばかりで・・私もまさかあの人が既婚者だなんて思わなかったのよ。」純子が申し訳なさそうな顔をして言う。「気にして無いよ。なかなか素敵な人って居ないものだよね」これ以上純子に悲しい顔をさせたくないので、私は少し大げさに明るく答えてみせる。 すると純子は唐突に鞄からスマートフォンを取り出し、「最近はインターネットで探すっていう人もいるみたいだよ?」と言いながら、何かのキーワードをすばやく検索して私の顔の前に突き出した。そこには今話題の出会い系アプリの画面が映し出されていた。

 

 「あぁ出会い系アプリってやつね。でも私、ネット上の個人同士の恋愛ってあまり信用できなくて。経歴とかいくらでも偽れると思うし、もう少しお互いにコミュニケーションを取りながら、慎重に相手を見定めたいっていう気持ちがあるんだよね・・・」実際にその類のアプリを使用した経験は無いのだが、ニュースなどで聞きかじった知識からあまり良い印象を持てないでいた。「アハハ、その慎重さは敬子らしいよねやっぱ!」純子が軽快に笑ってみせる。その唇には今季の流行色のルージュが均一に塗られており、女の私でもつい見惚れてしまう美しさだ。 「ならさ、結婚相談所とかじゃない?あれなら仲人さんみたいな人がきちんとフォローしてくれるんでしょ?」純子が話を続けようとしたその時、背後で大きな音がした。

 

 ドサッ!ガシャーン!

 

 氷が床に散らばるような音がした。振り返ると、スーツを着たビジネスマンと思われる1人の男性がスムージーを派手にこぼしていた。大丈夫だろうか?驚いて純子と顔を見合わせたが、すぐに彼の元には若い女性の店員が駆けつけていた。

 

─ 第1章 第2節 ─