· 

ある二人の婚活物語(STORY)。─ 第1章 第3節 ─

 

 片手に持っていたトレイからスムージーの入っているカップがゴロンと勢いよく滑り落ち、淡いピンク色の液体と小さな氷が辺りに広がった。慌てて店に置いてあるペーパーナプキンを手に取り、汚れをかき集めていると沢山の客の視線を感じたが、男が苺のスムージーをひっくり返すなんて醜態を晒した後に平然と顔を上げられるはずがなかった。

 

 またやってしまった。僕の人生の中でこのような失敗は珍しいことではない。昔から時折このような馬鹿な失敗をしてしまうタチなのだ。こういった要領の悪さも長く恋人ができない一因となっているのだろう。

いつも仕事帰りにビールを一杯飲みに行っている行きつけの喫茶店が今日は臨時休業で、帰り道に偶然通り掛かった目新しい店に入った。なんとなく女性向けの雰囲気はしたのだが、他に喫茶店らしきものが見当たらなかったので入ってみたらこの有り様だ。慣れない店には来るもんじゃないと痛感する。幸いスムージーが入っていたカップはプラスチック製だったため割れずに済み、小走りで駆けつけた若い女性店員がテキパキと汚れを拭き取ってくれたのですぐにその場は何事もなかったような静けさを取り戻していた。

 

 女性店員は代わりのスムージーを無償で提供してくれようとしていたが、申し訳ないので新たにホットコーヒーを注文することにした。通行人が見える窓側に面したカウンター席に腰をかけ、淹れたての香ばしい香りのするコーヒーに口をつける。斜め後ろのテーブル席では20代くらいの女性2人組が何やらガールズトークに花を咲かせているようで、会話の詳細までは聞こえないが「合コンが、結婚が・・・」という言葉が聞こえてくる。

 

 僕が唯一恋愛の相談をする相手といえば後輩の圭佑か、本日臨時休業だった喫茶店のママになるのだが、ママは僕と顔を合わせるたびに「賢ニくん、まだ結婚しないの?良い人紹介するわよ!お見合いとかどう?」などと茶化してくる。まぁ、母親くらいの年齢の女性からするとこの年で独身という男性は気になる存在なのだろう。昔は今よりも結婚する年齢が早かっただろうし。「しかし今時、お見合いはなぁ・・・。」そんなことを考えていると、後ろの席で話している二人組の女性から「結婚相談所がね」という言葉がポンと飛び出した。

 

「結婚相談所・・・か」

 

 今まで考えたことも無かったが、恋人関係になれるかどうかの探り合いをする一般的な恋愛よりも、お互いの目的が最初から合致している場の方が効率的で、結婚を前提とした恋愛に発展するチャンスも多いのではないだろうか。さらに詳しく知りたい衝動に駆られ、普段から仕事で使用する資料を作成するために持ち歩いているタブレット端末を使って「結婚相談所」というワードを検索してみた。すると様々な結婚相談所のサイトがズラリと一覧で表示され、その数の多さに驚きつつも札幌を拠点としている1つの企業のホームページを覗いてみることにした。ざっとサイトに目を通す中で記載されている相談所の所在地を見ると、僕の職場のすぐ近くではないか。「一度問い合わせだけでもしてみようかな・・・。」

 

 しばらく経った後、斜め後ろに座っていた女性2人組が席を立って会計へと向かっている。なんとなく後ろを振り返ってみると1人は今時の背の高いモデル風女性、その後ろを歩くもう1人は背格好は至って普通、服装も地味というわけでは無いが落ち着いたカラーで揃えたオフィスカジュアル風のファッションの女性だった。2人共背を向けているので顔は見えないのだが、なんとなく僕は後ろにいる方の、派手さはないが落ち着いた雰囲気の女性が好みだなとぼんやり考えた。